--- Windowsの覚書 ---

第1回 Windowsの再インストール手順 第2回 私ので再生する 第3回 圧縮フォルダ機能の無効化 第4回 CrystalCPUIDの起動オプション 第5回 アプリのインストールで困った

第6回 IME Watche 第7回 エロゲ向きの液晶環境その1 第8回 エロゲ向きの液晶環境その2 第9回 エロゲ向きの液晶環境その3 第10回 LS-H250GL(NAS)のHDD交換

第11回 TCP/IP ネットワークトランスポートがインストールされていません 第12回 21.5インチワイド、16:9フルHD液晶ってどうなの? 第13回 ゲーム用デバイス 第14回 Track Ball

圧縮フォルダ機能の無効化

WindowsXPから、一部の圧縮ファイルはWindowsをクリーンインストールした直後の状態であっても、圧縮ファイルの解凍や中身を見れるようになっています。

.Zipファイルと.cabファイルが該当しています。

Windowsを初期インストールした状態でメジャーな圧縮ファイルを解凍したりできるのは便利だと思います。


しかし、圧縮ファイルを作成したりは出来ません。

殆どの方は、フリーウエアやシェアウエアで圧縮&解凍ユーティリティーをインストールするので無いでしょうか?

その状態でも、WindowsXPに初期からある圧縮フォルダ機能は動作したままです。

メモリもタスクも無限ではないし、ちょっとでも無駄なプログラム等で停止させる事が可能なら、止めてしまいたいのが人情・・・。


圧縮フォルダ機能の解除の方法は

[スタート] >[すべてのプログラム] > [アクセサリ] > [コマンドプロンプト]

コマンドプロンプト上で

regsvr32 /u zipfldr.dll



regsvr32 /u cabview.dll

で、ok



戻す事は無いと思いますが、戻す場合はコマンドプロンプト上で

regsvr32 zipfldr.dll

regsvr32 cabview.dll

と、呪文を唱えればok


- サイトトップ -